チャレンジしないエージェンシーに辟易している話

もうちょっとプロフェッショナルなとこ見せてみろやー、っていう話。

「GAしか使ったことないんで、GAでレポートさせてください」っていうそこの人。

あなたはアホですか?

うちの標準アクセス解析ツールはAdobeだ。それは初回アポの前段階でも既に調べはついたはずだろ。アホなのでしょうか。

そもそも、Google Analyticsしか使えないって、「私、経験不足の未熟者です」って言ってるのと一緒なのでは?その程度のレベルで・・・

“チャレンジしないエージェンシーに辟易している話” の続きを読む

マーケティングとデジタルソリューションについて – その1

今までにGoogle AnalyticsとAdobe Analyticsの違いについて二本(「Google AnalyticsとAdobe Analyticsの比較」、「僕がGoogle Analyticsを薦めない理由」)ほど書いたことがあって、その記事はいまだに特定のワードでの検索結果上位を維持しています。ありがたいことに(ありがた迷惑なことに)、同記事の内容をそのまま転用して営業トークをかましてくる会社さんとかもあるわけですが。

まぁ、改めて読んでみると、どっちも2年以上前の記事になってしまったけれど全然風化してないな、って思ったので、割りと頑張って書いた甲斐があったな、と思ってるわけです。

とは言えこの2〜3年である程度のアップデートや市場の変化もあったので、改めて、最近のソリューションや、「マーケティング」という概念について、少し個人的に思ってることを書こうと思います。

なお、以下長文ですし、完全に一個人の暴走気味な妄想が入ってるんで、ジョーク交じりのものとして捉えてください。「異論!反論!オブジェクション!」からは逃げますので。

GoogleとAdobeは「Analytics」という単体ソリューションで比べるものではない

これはもう言わずもがなで、ウェブサイト計測ソリューション単体での比較というのは的外れなのは自明。2016年にGoogleがGoogle Analytics 360 Suiteを発表した時点で、完全にトータルソリューションとしての考え方をする必要がある、と各社のプレーヤーは肌感としてくらいは実感できたのではないかと思ってます。

“マーケティングとデジタルソリューションについて – その1” の続きを読む

Google AnalyticsとAdobe Analyticsの比較

なんだかんだで、もはや「アクセス解析」といえばGoogle AnalyticsかAdobe Analytics(旧SiteCatalyst)の二者択一になりつつある昨今の国内アクセス解析事情。

で、AdobeとGoogle、どっちが優秀なの?

というとこが結構ブラックボックス。というか、人によって意見が違ったりもすると思います。じゃあ比較してみよう。というのが本文の趣旨です。

とは言え、ただの機能比較だと面白くないので、本内容はあくまで事業者側(ツールユーザー側として)の独断と偏見と経験に基づいて記載させていただこうと思います。そのため、「これが絶対に正しい!」ということではなく、人によっては観点も評価軸も異なるだろう、という前提でお願いします。

では。

“Google AnalyticsとAdobe Analyticsの比較” の続きを読む