出会い系アプリの話

私、男なんですけどね。一応、前提として。ノーマルの。

で、出会い系アプリをやり始めたんですよ。先月くらいから。無課金で。Pairsと、ゼクシィ恋結びと、Matchbookと、Omiaiと、つって、4つ。Facebookで出てくる出会い系アプリの広告のやつ、とりあえず全部やってみっか、つって。

で、写真とか、Facebook連携してそのまんまの不鮮明なやつだったんです。3年くらい前の、どっかのカンファレンスで登壇した時に撮られた、よく分からん写真。

そしたらね、全然マッチしねーの。ビックリするくらい無風。たまになんか来るんだけど、40代くらいの、しかも居住地が青森!?みたいな。いやいや、青森はムリでしょ、つって。私、東京っすよ、つって。

あー、やっぱこんなもんか、つって。あー、モテねーなー。モテてーなー、つって。

 

で、もうやめるか、って思いまして。

でもやっぱり、どうせはじめたんだから、仮説検証型で試してみるか、つって、数日前に、ちゃんとした写真というか、普通に洗面所で鏡に写した鮮明な写真にしてみたわけですよ。

仮説その1:写真

そしたらね、なんかポチポチ、通知がくるようになったんすよ。イケメンじゃないのに。「いいねが届きました」みたいな。

けど、あーなるほど、こういう感じか、と。で、「いいね」してくれた人のプロフィールとか見ると、「黒縁メガネが好き」とか書いてあんの。たしかにね。新しい写真、メガネで撮ったからね、と。てか、メガネかよ!!って感じなんですけど。

でもまぁ、なんとなくこの手のサービスの仕組みはわかってきたぞ、と。女子の心をくすぐる感じにすればいいんだな、と。ということで次の仮説を試してみたわけだ。

仮説その2:プロフィール文で女子ウケを狙う

ウソは書いてない。けど、プロフィール文を女子ウケしそうなやつに変えてみた。そっけない感じじゃなく、なんか温かみを演出できる風に。

そしたら、なんか今日の昼くらいから、めっちゃスマホがブーブー言うんすよ。ことさら、19時過ぎたくらいから、しょっちゅう通知来るんだ。ピークはさっき。22時から23時代前半ね。

ここで2つの知見を得たわけだ。

  1. 恋活、婚活女子は、プロフィール文章を見て「いいね」するかどうかを決める。
  2. そして、就業時間後、および風呂出て暇な時間にアプリ起動してるっぽい。

ということ。

ちなみにプロフィールは先述の4アプリで同じものにしつつも、一部のアプリでは仮説1の写真は変えない状態にしてたんです。そしたらね、やっぱり、写真変えたバージョン×プロフィール媚びるが一番コンバージョン率高いんですよ。

サービススペックの違いもあるかもしれないけど、新バージョンプロフィールで試したゼクシィ恋結びのNotificationがポンポンくる。

つまるところ、アプリにおけるステップは2つである。

  1. 写真で有り無しをとりあえず一次選考。なので、不鮮明な写真だとプロフィール自体見られない。つまりこれ、マイクロコンバージョンってやつね。
  2. プロフィール文章をいい感じにすることで、コンバージョンするしないが決まる。

という話。

で、何が言いたいか、っつーと。

このブログ「Digital Marketing Blog」という名の通り、デジタルマーケティングに関することを書くあれです。

つまり言いたいことはね。

見た目(UI)だけ良くしても、マイクロコンバージョンまでしか届かない

ってことと。

コンバージョンしてほしかったら、相手のコンテクスト(プロフィール文)を読み取って当てろ

ってこと。

そんでもって最後に。

ABテストって大事だね。

ということでした。

なお、私、リアルに彼女もいないし未婚ですしノーマルですし、なんか見れないメッセージとかいっぱい来てるんですけど。

まだ課金してないし、課金に踏み込めてません!!

ということで、各運営会社さんにとってのコンバージョンは未達!!

おしいなー。

なんて戯言でございました。

余談ながら、男性ユーザー目線でいろいろ思ったことをば。

なんか、女性のプロフィールにやたら「金融系」の人が多いんですよ。え!?そんなに金融系の人多いの!!?ってくらい。なので、正直、「金融系」ってワードを見つけた時点で、「あー、これ、多分サクラだな」とか思うわけです。

なので、本当に「金融系」の企業に勤めてても書かない方がいいと思いました。マジ怪しすぎて警戒します。

看護師さんとか、教育系の人も多いんだけど、まぁ多いよね、って納得感あるけど、金融系は意外と納得感が無くって。

以上が、発話法によるユーザー行動観察調査的なあれ。

 

『マーケッターとデータサイエンティストが語る 売れるロジックの見つけ方』

『マーケッターとデータサイエンティストが語る 売れるロジックの見つけ方』
著:後藤一喜、山本覚

読んだ。LPOについて学ぶ上で的確な本だと思う。読みやすいし。LPOとは何ぞや、ということを学ぶ上で、フレームワークがちゃんと示されていて良い。

一枚のランディングページ上でどのように構成するか、という部分として、p126あたりにある「キャッチユニット」「説得ユニット」「安心促進ユニット」「申し込み回りユニット」取ったような形で、論理的なワイヤーをしっかり作っておく必要があるというのは、強く同意する。LPOとか下手にやってると、徐々に感覚が麻痺したり営業的観点の謎セールス要素が入ってきて、いつの間にか意味不明な構造のページが出来上がっている、というのはよくある話なので、その辺りを改めてキチっと定義する上でもありがたい。

“『マーケッターとデータサイエンティストが語る 売れるロジックの見つけ方』” の続きを読む

ぼくらがABテストをやる理由

※とりあえず、小沢健二風のタイトルにしたことに意味はありません。検索を意識したタイトルにしろよ!っていう話はさて置き。

さて、最近ABテスト関連の記事やセミナーを、最近たくさん見かけるようになったと感じます。ABテストをやる、という文化がようやく一般化されてきたのだろう、これは良い兆候だと思うのです。

使うツールは、OptimizelyでもPlan BCDでもAdobe TargetでもDLPOでも、自社の要件にあったものを使えば良いと思います。ちなみに弊社はAdobeとPlan BCDを併用してます。理由はいろいろありますが、それはいずれ「ABテストツールの選び方」的な記事でも書こうと思います。

そんな余談はさて置き。ABテストが一般化されてきた一方で、逆にテストをすることに大しての色々な疑念や反論というのも増えてきた(表出してきた)のではないかと思っています。また、それらの疑念等々に対する回答として、結果は提示(いわゆる事例系)していても本質を突いている寄稿は少ないなぁ、というのも個人的な感想としてあります。(と言っても、本稿が本質を突いている、ということでは無いのですが。)

なので本稿ではツールベンダーやコンサル視点ではなく、ウェブ運営者側から見た「ABテストをやる理由」たるものを書いてみようと思うのです。あくまで個人的な意見、かつ自社においての場合ではありますが。

 

早速ですが、例えば、ABテストに対する疑念の一例として、こういうものがあるのではないかと。

例:「細かい変更でもテストやるべき?」

回答として、「やるべき」というのが個人的な見解です。理由はいくつかあるのですが、ザッと挙げると以下のようなものがあります。

“ぼくらがABテストをやる理由” の続きを読む