ヒートマップツールが素晴らしい

ヒートマップツール無しでウェブの改善なんてできない!

ということを最近強く思う。

ウェブ分析(アクセス解析)を中心にデジタルマーケティング領域に携わってきた私ではございますが、アクセス解析の何が厄介って、そりゃもう「ページのどこ直せばいいの!?」という部分が一番の悩みどころだったりしてきたわけです。

アクセス解析ツールを使って分析すれば、サイト全体のパフォーマンスは分かるし、流入単位での成果も分かるし、導線を追えば大体のボトルネックページはあたりがつけられます。つまるところ、「サイトのどこ直せばいいの!?」という設問には簡単に答えられるのです。が、しかし、それだけでウェブサイト改善できるほど世の中甘くない。サイト利用者なめんな、そんな単純な動きしてねーぞ、と。

で、まぁボトルネックを抽出して仮説が立てば、当然そこでOptimizelyなりAdobe Targetなりにかけて改善策の良し悪しを測ることはできる。が、この「改善案」というのが全くもって難しい。テストも三回試してどれも不発なら、ウェブ担当者の心も半ば折れかかる、というもの。コストかけて改修したのに、CVR変わらねぇ・・・、みたいな。

まぁ、それも考えて見れば当然のことで、アクセス解析で訪問者が「どうページを遷移した」かは分かっても、訪問者が「ページのどこを見た」のかは分からないのだから、ページの改修も半ば当てずっぽう、自身の想像の域を超えない改善案しか生まれない。

つまるところ、自身の想像自体が間違っていればThe End…。いつまでたっても成果はでないわけで・・・。

 

そんなこんなで、ヒートマップツール入れました。「ユーザーって実際、ページのどこ見てるの?」という質問に回答するために。(ぶっちゃけ、アクセス解析はもう飽きた。)

さて、長々と書いてしまいましたが、ここからが本題になるわけですが、
その前に一旦ヒートマップツールのタイプについての所感を書きます。

“ヒートマップツールが素晴らしい” の続きを読む

タグマネジメントツールの比較

※本文、一個人として分かる範囲で調査した結果およびそれに基づく私見で構成されております。なので、本稿を鵜呑みにしないでいただき、あくまで参考情報として捉えていただけると助かります。

(以下、本文。)

 

昨年より盛り上がり、今年に入って多くのサイトが導入しているタグマネジメントツール。

Google TagManagerや、BrghtTagの技術を用いたYahoo! TagManager(YTM)を始め、EventHandlerをトリガーとしてアクションが起こせたり、DOMやCookieなどの要素を条件として利用できるなど、非常に柔軟性が高く、高度な設定が可能なタグマネジメントツールが増えてきた。と同時に、やはりこれまでの某なんちゃらタグなりなんなりといった、広告タグのみを専門に扱うタグマネジメントは機能面ではもはや太刀打ちできないことが自明と思える。(ただ、広告タグのみを管理するツールとしては必要十分なので、それはそれで良いとも思う。)

で、この高度化したタグマネジメントツール、特にGTMとYTM。そして、もはや機能的には最高峰と言えるAdobe Dynamic TagManagement(元Satelite)。この三つのうち、どれ使いますか?っていうのがなかなかの悩みどころだったりします。

ということで、とりあえず比較してみました、と。

比較します。(ただし、あくまで一個人として利用した所感ですので、責任は負いかねます。)

“タグマネジメントツールの比較” の続きを読む

Search Summit Tokyo 2013に行ってきた(リスティング編)

Search Summit Tokyo 2013、リスティング編について。

これまた、過去・現在・未来という観点でのパネルディスカッションが行われた。

 

現在の点では、”広告”という観点から”情報提供型プラットフォーム”へと転換してきたと同時に、テクノロジーが非常に近い存在になってきた、とのこと。

ただ、テクノロジーが進化しているものの、人間の脳を使うことには変りない、という本質的な部分が語られた。

“Search Summit Tokyo 2013に行ってきた(リスティング編)” の続きを読む