デジタルマーケティングで重要なのはデータじゃなく「速度」

「デジタルマーケティング」って「データドリブン」とかうんちゃらとかと混同されがちだけど、それって本質じゃないな、って思ったので一筆。ただの思いつきですけど。

そもそもデジタルマーケティングって何よ!?って話

マーケティングの延長線上というか、マーケティング活動、つまりニーズの捕捉とシーズの植え付けがより的確かつ効率的にできるようになった、っていうのが「デジタルマーケティング」っていうフィールドだと思うんですよね。

もともとマーケティング活動然り経済活動然り経営然り、生産管理であろうと調達であろうと投資であろうと数字に基づいて意思決定するものだと思う。つまり「データドリブン」ってのは超基本的なことなので、別にデジタルに限った話じゃない。むしろKKDで判断してた自称マーケターってのが異常なわけで。そういうやつ、いまだにいるからヤバイよね、って思うけど。

“デジタルマーケティングで重要なのはデータじゃなく「速度」” の続きを読む

音声AI搭載デバイスはマーケティングに何をもたらす?

そういえばそうだ。

マーケティングとデジタルソリューションについて – その1

この記事の最後に、「人間の行動を表す最重要データとは何ぞや」っていうことを書こうという旨、メモしてたことをさっき思い出した。

そう、これは書こう。書きたい。最近Google HomeとかLINEのClova Waveとか発売されて話題だし、ちょうどいいや。

まず前提として、僕はArtificial Intelligenceを略した意味での「AI」という単語が嫌いです。「人工知能って笑」みたいな。ハーレイ・ジョエル・オスメントよろしく、ちょっと未来見過ぎじゃないですか?って。

けど本文では一応、AIって言葉使います。僕が指すところとしては、IBMさんが言っているArgumented Intelligence(拡張知能)の意味ですが、めんどくさいんで「AI」で統一します。好きに読んでください。以下、読みたければですが。読まなくても大丈夫です。ただの与太話なんで。

“音声AI搭載デバイスはマーケティングに何をもたらす?” の続きを読む

憧憬を失うことの意味

お酒より車よりセックスより「スマホ」が大事。冒険をしない10代

この記事についてここ数日考えを巡らせていたのです。なぜセックスよりスマホの方が大事なのか?

この記事はアメリカの話だが、日本でも同様の現象が起こっていると思う。地理的、文化的、政治的な違いが明確にあるにも関わらず、同様の現象が起きる理由はなんだろう?

車は公共交通機関が発達したから必要無くなった。スマホに時間を奪われているから。倫理的に未成年の飲酒が悪と銘打たれているから。

なんていう回答を宣う方々は面白くない。っていうか、つまらないのでご退場いただきたい次第でありつつ。

“憧憬を失うことの意味” の続きを読む