『ストーリーとしての競争戦略』

『ストーリーとしての競争戦略』
楠木健

もう五年も前の出版物になったのね。なんか思い出した、およびサイト更新してる余裕がないから昔書いた備忘録を移植。

有効な競争戦略とはいかなるものか。「ストーリー」という軸に沿って、非常に理論的かつ読み解きやすい語り口で綴られる本作。昨今の経営論的フィールドの主流たるものを非常に快活に記述した良著です。

まず、軸足はどこに置くのか。ポジショニング(SP)をどこに置くのか。何をするのかを決めると同時に、何をしないと決めるのか。一方で、他社の模倣を許さない企業文化(OC)の醸成という点に置くのか。

“『ストーリーとしての競争戦略』” の続きを読む