タグマネジメントツールの比較

※本文、一個人として分かる範囲で調査した結果およびそれに基づく私見で構成されております。なので、本稿を鵜呑みにしないでいただき、あくまで参考情報として捉えていただけると助かります。

(以下、本文。)

 

昨年より盛り上がり、今年に入って多くのサイトが導入しているタグマネジメントツール。

Google TagManagerや、BrghtTagの技術を用いたYahoo! TagManager(YTM)を始め、EventHandlerをトリガーとしてアクションが起こせたり、DOMやCookieなどの要素を条件として利用できるなど、非常に柔軟性が高く、高度な設定が可能なタグマネジメントツールが増えてきた。と同時に、やはりこれまでの某なんちゃらタグなりなんなりといった、広告タグのみを専門に扱うタグマネジメントは機能面ではもはや太刀打ちできないことが自明と思える。(ただ、広告タグのみを管理するツールとしては必要十分なので、それはそれで良いとも思う。)

で、この高度化したタグマネジメントツール、特にGTMとYTM。そして、もはや機能的には最高峰と言えるAdobe Dynamic TagManagement(元Satelite)。この三つのうち、どれ使いますか?っていうのがなかなかの悩みどころだったりします。

ということで、とりあえず比較してみました、と。

比較します。(ただし、あくまで一個人として利用した所感ですので、責任は負いかねます。)

“タグマネジメントツールの比較” の続きを読む