ブランド側が求めるパートナーの理想形とは

友人からリクエストがあったので、表題の内容について書きますね。一応前提として、私はブランド側、つまり広告主側とか事業会社側と言われる方のMarketing担当者、という立場にあります。その一方で、最初に勤めた会社はパートナー側(事業支援会社)だったので、ある程度両側面から客観的に語れるように努めようと思います。

ちなみに友人からのリクエストテーマは下記の通りです。

ブランドが求める理想のパートナー像。現代における。 もしくはブランド担当者のタイプに合わせた最適なフォーメーション。

続きを読む

デジタルマーケティングの構成要素-その1 : 集客について

ひとえに「デジタルマーケティング」といっても、大きく4つの要素で構成されている、と個人的には思っている。この4つの要素をどう組み合わせるか、というのがデジタルマーケティングの肝だったりする一方で、この4つの要素のどこに専門性を置くかによってマーケターとしてのキャリアの積み方が変わってくるのだと思う。4つの要素というのが、下記のものになる。

  1. 集客
  2. コンテンツ
  3. データ
  4. システム

以下、それぞれに対する説明と見解をまとめてみる。

1. 集客

「集客」と一言で表しても、実際はデジタルアド、Search Engineからの自然流入、チャネルとしてのSocial Mediaや記事広告なども含めて多様に広がるものだというのは、広く知られていることだろう。ある程度、予算がものをいう世界でもあるので、正直言うとこの分野に特化した人材にはさほど価値は無い、と個人的には思っている。

“デジタルマーケティングの構成要素-その1 : 集客について” の続きを読む

「夜好性」をマーケティング的に解釈する。

今話題の三組のアーティストについて解説してみようと思う。トレンドに疎いおじさんマーケターたちに解説しましょう。

三組の共通点

「夜好性」と称されるように、「夜」という言葉が共通項の3組だが、音楽的に紐解くと意外と共通項は少ない。強いてあげるならば、YouTubeをはじめ、SNSを中心に爆発的な再生回数を記録している、という点だろう。そういったプラットフォーム特性を読み解いているからなのか、3組ともMVがアニメーション

作曲

ヨルシカとYoasobiは、ボカロコンポーザーとボーカルが組んだユニットである。一方で、ずっと真夜中でいいのにはシンガーソングライター的な存在たるACAねを中心としたバカテクバンドである。つまり出自が大きく異る。

音の作り方

ヨルシカとずっと真夜中でいいのにが生音を入れている一方で、Yoasobiは打ち込みを基盤とした音作りをしている。

レコード会社

ずっと真夜中でいいのにがEMI、ヨルシカがユニバーサル、YoasobiがSMEとバラバラである。新人発掘力の高いVictorが乗り遅れたのも時代の流れなのかな、と思う。

さて、次くらいから、各アーティストの分析とマーケティングのお話をします。

“「夜好性」をマーケティング的に解釈する。” の続きを読む